スタイリッシュコーヒーブレイクへの道

スタイリッシュでダンディなコーヒーブレイクを目指します。

スタイリッシュコーヒーブレイクへの道

コーヒーなんてホットかアイスの2択で充分だろ。エスプレッソ?ラテ?違いが分からん。そもそも豆の種類とか知らねぇし。ミルクとガムシロ付けてくれればなんでもいいよ!あーもーめんどくせえぇぇぇぇぇぇぇ…

常々そう思ってる自分ですが、スタバやエクセルシオール等といったコーヒーショップには大きな憧れを抱いています。

いつかあのおしゃれな店内で颯爽と飲み物を注文して、普段決して持ち歩いている訳では無いMacでもいじりながらダバダーとスタイリッシュコーヒーブレイクと洒落込みたいのです。

その地味な夢をかなえる為にまずはコーヒーについて知ろうと思い立ち、調べた事をサイトにまとめました。

コーヒーについて

コーヒー(英・Coffee)とは、コーヒー豆から抽出した苦い汁の一種。

黒いし苦いしで料理にはまともに使えない。ということで大抵はそのまま飲む。直で飲むと強烈な苦味があるので眠気覚ましにはちょうどいいかも。

その苦味の成分はカフェインであり、カフェインは覚醒剤、大麻と並ぶ麻薬である。よって飲みすぎると中毒になることもある(同時にDHMO中毒になる)のでそれなりの注意は必要なのであるが、なぜかどの国でも法令で規制されていない。なぜならば法案を作る役人や、その法案を審議する国会議員もまたコーヒー中毒だからである。規制については、紅茶中毒患者の多い神聖ブリタニア帝国でのみ、飲むとソドム行為に対する罪で死刑になる。

まあ普通は砂糖(角砂糖やガムシロップ)やミルクを足す。足しすぎるとミルクコーヒーやマックスコーヒーという違う飲料になるので注意。いい豆を使うといい匂いがするのでふとした時に飲みたくなることもある。ふとした一瞬のみ。

原材料

ありとあらゆる地球上にある豆類を煎って焦がして作成する。中にはタンポポ等でも作る事ができるらしい。良い豆とは高級国産丸大豆を使った納豆を使用して作られ、その独特の臭気は愛好家も多い。何らかの生物に食わせ、うんこと一緒に出たものが最高級だそうだ。冗談ではなく。

飲用以外の使用法

喫茶店で 別れ話をする際、浮気をした分際で開き直った彼の態度に怒りが爆発した彼女が、彼の顔面に浴びせかけて場にオチをつけるのに非常に役立つ。この時注意した いのはコーヒーの温度である。熱ければ火傷を負うのは当然。しかしある程度冷めているものを浴びせかけるところに、わずかに残った愛情が潜んでいることを 忘れてはならない。ただし怒りだけでなく、深い怨恨がある場合はこの限りでない。ちなみにコーヒーだけでなく、お冷・レモンスカッシュなど他の飲料でも代用できる。また、つわものはテーブル脇の爪楊枝や塩を投げつける場合があるので、彼女に浮気がばれそうな男性諸君は十分注意されたし。

飲用による効果

飲用すると目が醒めると言われているが、実際は貴方次第である。中毒性を持ついわゆる覚醒剤の一種であるが、誰も気にしない。その初期症状として、しばらくの間飲用を中止することによるカフェイン禁断頭痛、末期症状として強いリンパ腺の痒みによる自傷行為から死に至るという事例も発見され、医学的にその安全性が懸念されている。また、中学生が飲んでいると何だか格好いい印象をその同年代に与えると思われるが、そうでもない

缶コーヒー

コーヒーを缶に詰めたもの。のはずだが、往々にして違うものになる。缶のサイズは小さいのに、値段は他のソフトドリンクと同じという贅沢品でもある。

GEORGIA(ジョージア)
日本一売れているが、まずい。162cmの彼が宣伝していたってまずいものはまずい。
UCC
甘い。とにかく甘い。缶をよく見ろ。「乳飲料」だ。
Roots(ルーツ)
JTが販売しているだけあって味はお察しください。また、雪印乳業とも関係がなかったわけではない。
FIRE(ファイア)
火炎であり、本来高温なのだが、低温のものも存在する。どうやって温度を下げているかは謎。
BOSS(ボス)
コーヒー自体よりCMの方が話題になる。
POKKA(ポッカ)
飲むと声が柴田恭兵になります。

コーヒーの産地

ブルーマウンテン

青山原産の幻のコーヒー。今はもう採れないかも知れない。珈琲の青山で出されるそれをブルーマウンテンと呼ばないこともない。

モカ

ムスリム商人が産地ラベルをタンザニアからメッカに貼り替えた偽装コーヒー。ラベルを貼り替えるだけで飲むとマターリする効能が得られ、モカ・マタリと呼ばれる。

キリマンジャロ

キリマンジャロ山に降り注ぐ酸性雨により、独特の酸味があるらしい。

グァテマラ

苦さを売りとする。これが沖縄に来てゴーヤーの語源となった。

マンデリン

マンダリンやマンドリンやマンドリルと似たようなもの。

コロンビア

麻薬と一緒に作られてるようだ。まあ、どっちも似たようなもんさ。

コナ

産地と言うよりはプランテーションに近い。粉ではない。まあ似たようなもんさ。

サンタマルタ

聖丸太という宣教師によって広められたそうな。

モンテアルパン

モンテ・ア・ルパンという山がメヒコにあるそうな。

コーヒー鍋

鍋にたっぷりのインスタントコーヒーを入れたもの。食べると死に至る。

マックスコーヒー

マックスコーヒー(MAX COFFEE) は、利根コカ・コーラボトリングがチバラギ共和国を中心に販売しているコーヒー風味の加糖練乳である。かつては他の国への輸出が法律で厳しく禁じられていたが、法律が改正され2009年2月16日から輸出が全面解禁となった。

開発の経緯

チバラギを代表する食文化にまで成長したコーヒーと 思われがちだが、それは誤りで、正しくは練乳である。食品の原料表示は分量の多い物から記載されることになっているが、一番初めに記載されているのが加糖 練乳である。この次に記載されているが砂糖である。加糖練乳にさらに砂糖を入れると言うレシピは世界を見渡してもマックスコーヒー以外に存在しない。つま り、マックスコーヒーの大半を占める材料は糖分である。この超加糖練乳にコーヒーのフレーバーを付けたのが正しい解釈であり、コーヒーは香りに過ぎない。 キングオブスイーツと呼ぶにふさわしい甘みの王者である。

通常、缶コーヒーは自動販売機などで冷えた状態で消費者に提供されることが多い。その場合、温かい状態と比較して甘さが感じられにくくなっ てしまう。また、抽出したコーヒーより風味が劣るため、ほとんどの缶コーヒーには香料が添加されている。マックスコーヒーは、これら缶コーヒーの問題点を 克服するため、世界の研究者たちを一同にめた一大国家プロジェクトによって開発され、従来の缶コーヒーの常識を360度転換させた歴史的な飲料である。

また、マックスコーヒーがチバラキ共和国でペットボトル飲料として売られているのも確認されている。 ただし本製品は間違ってもコーヒーとして飲んではいけない。

食文化

マックスコーヒー製造の拠点となっている野田市は、しょうゆと並び同市の主要な物産としてこのコーヒーを位置づけている。チバラキ人にとっては、日々の生活に欠かすことのできない飲料で、スーパーマーケットな どの量販店で、主婦がケース単位でマックスコーヒーを購入していく光景は、ここチバラキにおいては決して珍しいものではない。糖分の摂取は頭脳の回転を活 性化させる効果があることもあって、国内の教育機関ではマックスコーヒーを販売する自動販売機の設置が法律で義務付けられており、小学生でも気軽に購入す ることが出来る(ただし給食としては牛乳が生徒に配られることになっていて、月に一度、マックスコーヒー味のミルメークが出る)。また、チバラギのヤンキーにも人気があり、年末年始にはマックスコーヒーのカラーリングの竹やりマフラーを装着して初日の出暴走を行うことが恒例となっている。 さらに、千葉の食卓には欠かせぬ調味料であり、千葉の味噌汁は味噌を使わず、色の似ているマックスコーヒーを使用し、各家庭ごとに味が違う、千葉県民はこの味がたまに無性に忘れなくなり、単身赴任をしている一人暮らしの千葉県民などは、マックスコーヒーを買うためだけに帰省することも多いとか、その他、肉じゃが、ご飯を炊くときに水の代わりに使用、地元のラーメン屋のスープ、さらに、千葉県の病院では重症患者への点滴としても使用されているなど千葉県民に限り用途が広い。

マックスコーヒー論争

マックスコーヒーはその特殊性故に、一度飲んだ者にはかなりの衝撃波を与える。この衝撃波を受けることにより、頭のネジが一本程度吹き飛ばされ、奇 妙な行動をするようになる。その結果一部のウェブサイト等では、マックスコーヒーを飲んだことがある者と、そうでない者の間で一大論争が発生することが有 る。この原因は飲んだ者の頭のネジのせいではなく、飲んだ事が無い者にはマックスコーヒーの何処が最大なのか解って居ないことに起因すると言う説も有る。

また、マックスコーヒーは一度姿を消し、1991年に「ジョージアマックスコーヒー」として販売が再開されたが、昔から愛飲していた千葉県 民は口をそろえて『オリジナルからは大きく変質してしまった』という感想を漏らした。 甘みが薄くなり、それに伴い水っぽくなったというのが主な主張であるが、オリジナルを飲んだことが無い者にとっては大した違いは無いらしく、そのぶっ飛ん だ甘さによる衝撃波はいささか衰えが無いようである。 オリジナルを知らぬ者にとって、ただでさえ衝撃を受ける甘さが「薄くなった」ものであると言う主張は受け入れられないものであったが、実際に「復刻版」と 称するマックスコーヒーの濃縮飲料が発売されたことから、薄くなったという主張は正しかったと証明された。しかし、オリジナルを知るものはそれでも「まだ 薄い」と主張することから、『オリジナルのマックスコーヒー』はロストアイテムとして伝説のものとされた。 これにより『過去の味を美化しているだけだ』とする現行派との抗争が発生することがままあるが、オリジナルはすでに失われたものであるため真相は不明であ る。

なお、現行のマックスコーヒーのカロリーは100mlあたり48kcal、糖分は9.8%ととされているが、これは前述の理由で味を薄めた 結果の数値であることは周知のとおりである。オリジナル時代の栄養成分は非公表であるが、当時の商品を知る者の情報によると100mlあたり 90kcal、糖分は18.3%であったといい、ジョージアマックスコーヒーとはケタ違いの甘さであったことがこのことからもうかがい知ることができる。

勢力拡大中

輸出解禁後、新宿区など多くの場所で目撃されている。長い時をかけて関東の隅々まで拡がっていったが、富士川を越えることは無かった。しかし神聖な飲み物の権威が転落の真っ最中にあるコカコーラがこれに代わる飲み物の一候補として熱心に布教を進めており、現在ではなんと富士川どころか関ヶ原まで越え、言語の異なる地域にまで勢力が拡大している。それどころか、今や海の向こうの辛いものが大好きな国にまで勢力を伸ばしてしまった。

ジョージアが全面解禁を行ったことで政府はジョージアがマックスコーヒーによって国民を全員太らせ日本征服を画策しているのかもしれないと危機感を募らせている。

正規品とコピー品の見分け方

最近、マックスコーヒーの人気に目をつけたコピー商品が出回っている。 缶の底に「EIB」とあればチバラキ共和国産、ペットボトルのキャップに「EEB」か「WAK」とあれば海老名市か明石市で生産されたパチモノであった。現在はチバラキ共和国の支援を受けた全国各地のボトラー会社が食品兵器として大量生産している。